サーフィン時の車の鍵(スマートキー)はどうする?盗難・車上荒らし対策について | サーフィンマガジン「73NAVI(なみなび)」

サーフィン時の車の鍵(スマートキー)はどうする?盗難・車上荒らし対策について

サーフィン時の車の鍵(スマートキー)はどうする?盗難・車上荒らし

サーフィン中の自動車盗難件数、2017年度だけで980件以上という記事見ました。年間にサーフィンだけで1000件近くも被害があることを認識し、どのような被害が起こっているのか知ることは対策を取る上でとても大事なことだと考えます。「サーフロック(セキュリティボックスに保管)」でしっかり防犯しているから大丈夫、自分には関係ない。なんて思っている方、そんなことはありませんよ!

1)盗難被害について

盗難被害には大きく分けて「車内の金銭・貴重品・バッグ等を盗まれる」「車両ごと盗まれる」の2つケースあります。後者は、なんと年間7000台以上被害(注意:サーフィン関連だけの被害データではありません)が発生しているようです。これは国外に車を売りさばくなどの組織的な犯行によるものも多いようで、あなたが持っている常識・対策が通用しないかもしれません。他にもアルミホイール・タイヤをまるごと外され盗まれるなど、様々な被害があります。

自動車盗難で狙われやす車種とは?

2019年の盗難車両-TOP5

  • 被害1位:トヨタ「プリウス」793台
  • 被害2位:トヨタ「ランドクルーザー」654台
  • 被害3位:トヨタ「ハイエース・レジアスエース」368台
  • 被害4位:レクサス「LS」272台
  • 被害5位:トヨタ「アルファード」261台

トヨタ車は海外でも人気があるということなのか?販売台数が多いというのも理由にあると思いますが、自分の車が特に狙われやすい車であれば、より用心したいところです。ここに入っていない車種だからと言って盗まれない保証はありません。年式が新しい車両だったり、人気車種など中古市場で高値で売れる車は盗難事故に遭う可能性も高いと考えた方が良いでしょう。

最近はイモビライザー・スマートキーが主流です。そもそもイモビライザーって従来の鍵の脆弱さによる盗難被害を解消するために導入された防犯装置ですよね。イモビライザーはハンドルを握っている人物が正当な持ち主であるかどうかを確認する装置(鍵のヘッド部分にイモビチップと呼ばれる小型のICチップに書き込まれているIDコードと、車本体に登録されているIDコードを照合し、一致した場合のみエンジンがかかる仕組み)で、一致しなければ、そもそも車のエンジンはかかりません。あれ?レクサスなどの高級車はセキュリティーシステムが充実しているはずでは?

確かにそうなんですが、自動車のスマート化が進めば窃盗犯も追随しイモビライザーを欺くのはさほど難しくないことが証明されています。結局、ターゲットにされている高額な人気・高級ブランド車が今なお狙われ被害に遭っており、組織的な盗難犯罪などの前では、現状は盗難を防ぐことが難しいと言わざるを得ないでしょう。

サーフロック(セキュリティボックス)で盗難対策

2)リレーアタックやコードグラバーによる盗難

では実際にスマートキーの車がどのような方法で盗難被害に遭うのか? よく聞く話でリレーアタックやコードグラバーによる盗難が挙げられます。スマートキーは、鍵から出る微弱な電波を車が受信しロック解錠やエンジン始動ができる仕組みです。リレーアタックとはスマートキーが常に発している微弱電波を特殊な装置で受信し増幅させて、さらにその電波を中継(リレー)させることで、まるでクルマの近くにキーがあるように誤認させ、ドアロックを解除し、エンジンを始動しクルマを盗む手口のようです。例えば、自宅に車を駐車して、家の中に鍵を置きますよね?。この場合に屋外にも鍵からの微弱な電波が漏れているとしたら、リレーアタックが可能となり盗難の可能性があるということになります。外出先でも同様で、食事などの際にも同様の可能性は起こり得るわけです。

リレーアタックよりさらに怖いのがコードグラバーによる盗難です。コードグラバーとは、スマートキーのスペアをつくる機器のことで、スマートキーから常にでている微弱な電波をキャッチし、IDコードをコピーしてしまうというもの。 ドアをロックする際、その都度作製されるアンロックコードまでも解読し、ドアの解錠からエンジン始動までが行えるようになります。クルマのオーナーがドアをロックする時に発する電波を拾いコピーされるようです。100mほど距離があっても電波を拾えるようなので非常に危険です。本来、防犯強化の為のスマートキーですが、解除できる機器さえあれば、昔より簡単に、短時間で盗まれてしまうようになったのではないかと思うのは私だけでしょうか。リレーアタックやコードグラバー対策の商品も市販されているようなので、ご心配な方は検討してみてはいかがでしょうか。

高度な技術を持つ自動車窃盗犯を前にして防御策はないのか?

完全に防ぐことは難しいとしても、二重のセキュリティ対策を行うことで抑止力になり、狙われ難くなるのではないでしょうか。例えば、昔から使われており、一定の効果はあると思われるハンドルロックの装着をおこなえば、窃盗犯はイモビライザーとハンドルロックの2つを解除しなければいけません。これで盗まれないとは言えませんが、少なくとも他車より狙いにくいといった印象は与えることが出来るでしょう。

リレーアタックについては、普段使用しないときはスマートキーの電波遮断ができれば防げるということになります。この後で案内するサーフロックでも触れますが、スマートキーの電波を遮断する方法としてブリキ缶(スチール缶)やリレーアタック防止ケース、アルミホイルが有効のようです。私も実際にサーフィン中はサーフロック(セキュリティボックス)に入れておりますが、そのままセキュリティボックスに入れただけでは電波を防げていないため、車のドアは開いてしまいます。このためアルミホイルを車に常備しており、隙間なくしっかりと鍵を包んでおくことでドアを開けることがきなくなります。ただし少しでも包み方があまく僅かでも電波が漏れる部分があれば電波遮断効果はなくなりますのでご注意ください。

アルミホイル

またブリキ缶(スチール缶)やリレーアタック防止ケースも同様に効果があるようですが、同じようにしっかりと隙間なく閉じて電波を遮断することが必須となりますのでご注意ください。なお、これでリレーアタックが完全に防止できるかは分かり兼ねますが、一定の効果があるのではないかと考えます。お金を掛けずに出来ることなのですぐにでもできる対策だと思います。コードグラバーに関しては前述の説明をご覧いただければ分かるように、ドアをロックする際に発する電波を拾いコピーされるとなると、この方法では防げないということになります。

アルミホイルで車の鍵(スマートキー)の電波を遮断 / リレーアタック・盗難対策

サーフィン中にできる対策

このように組織的な犯行などの場合、対策しても限界はありますが、そのような窃盗犯だけではないので被害を最小限に抑えるためにも、できる対策は取っておきたいところです。

狙われやすい…こんな対策はNG

まさかとは思いますが…こんなことしてませんか?車の鍵をタイヤの上に置いたり、車の下などに隠す方もいますが、まずタイヤの上なんて窃盗犯に取ってくださいって言ってるようなものです。また車の下、裏側などは、隠す場所によっては意外と見つけるのは難しそうで効果的にも思います。しかし、万が一、隠す瞬間をどこかで誰かに見られたとしたらどうでしょう?また見られていなくても隠しそうな場所を想定しチェックされないとも言えません。実際にキーをこれらの場所に隠していたクルマが狙われ盗難にあっているようです。

サーフロック対策は効果あり!?

サーフロック(セキュリティボックス)の暗証番号設定について/ 1173はNG

ではサーフロックはどうでしょう?サーフロックやセキュリティボックスと言われるものに鍵を入れて車のドアや牽引フックの部分に取り付けるものです。スマートキーが主流となった今は、このようなセキュリティボックスで対策している方も増えています。私もその一人です。このタイプは4桁ダイヤル式によりロックしますが、覚えやすいからとサーファーが使いそうな1173のような分かりやすい番号や自分の車のナンバーなどは絶対に使わない事です。実際にこのような暗証番号の使用が原因と思われる、ロック解除による盗難被害もあるようですのでご注意ください。

また取り付ける場所もけん引フックなどダイヤル操作がやりにくい低い位置などつけるなど、想像しながら設置場所を考えるのも良いのではないかと考えます。下記の商品はかなり丈夫につくられており、これを破壊して鍵を取り出すことは容易ではないと思いますが。こじ開けられたり、壊されないとは断言できません。また想定しにくい暗証番号にしても解除されないとは言えません。なんでもそうですがサーフロックも防犯として完璧ではないので、自己責任でご使用ください。

海に入る前にドアロックのチェックを!

サーフロックへ入れるときはアルミホイルで車の鍵(スマートキー)巻いての電波を遮断 盗難対策

サーフロックの場合、スマートキーは付属の電波遮断の袋にいれておかないと仮にロックしても車のドアが開いてしまうことがありますので電波遮断の袋に入れましょう。また電波遮断の袋が付属していないサーフロックの商品は、キッチンで使用するアルミホイルで巻いておけば大丈夫でしょう。また、経験上、電波遮断の袋も劣化してくると電波が漏れ遮断できなくなりますので、使用の際は毎回ドアが開かないかチェックしてから海に入るようにしましょう。恐らく取り付けた場所から一番近いところが電波が届きやすいのでそこが目安となりますが、念のため他のドアなども開かないか確認しておいた方が良いです。できればアルミホイルを車に常備しておくことをお勧めします!

サーフィン中も身に付ける

ひと昔前は、車のキー(鍵)はウェットスーツのインナー部に付いているキーポケットに入れたり、キーカバーに入れて首にかけるなど、身に付けてサーフィンをしている方も多かったと思いますが、現在はイモビライザー(電子的なキー照合システム)/スマートキーにより、鍵を身に付けて気軽に海に入ることが難しくなっています。サーフロックなどを使用するサーファーが増えたのもそのせいかと思います。やはり身に付けるのが防犯でも、気持ち的にも一番安心ではあります。鍵や貴重品を入れる防水ケースも販売されていますので、スマートキーなども身に付けサーフィンもできるようですが、万が一何らかのトラブルで浸水してしまったら…と心配で使えないという方もいることでしょう。

スマートキーの鍵が引き抜けるタイプ(メカニカルキー)

スマートキーでなく、通常の鍵のであれば、以下のようなケースに入れてサーフィン中に身に付けることもできるので安心です。またスマートキーの中には鍵が引き抜けるタイプ(メカニカルキーが付属)のものがあり、これなら濡れても問題ないので、同様にサーフィン中に身に付けることも可能です。ただし海に落さないようにしっかりと身に付けておくこと…。私もメカニカルキーが付属したタイプですので、サーフポイントによっては、サーフロックは使用せず、車の鍵を身に付けてサーフィンをしています。

お金や貴重品は必要最小限に

万が一盗難に遭った時のリスクを最小限に抑えるためにも、金銭や貴重品などは必要最小限に抑えておく。例えばお金はその日使う分+予備費程度にし、カードも必要最小限にする。サーフィン用の財布を準備して置くのも一つの方法かもしれません。ただ、普段と違うルーティーンになるので、財布や免許書を忘れたなんてこともありがちなので、忘れ物には注意が必要です。一長一短があるので各々でやり方を工夫すれば良いでしょう。また高価な時計や貴重品はなるべく持って行かないようにする。車の外から見て財布や貴重品が見えないようにしておくのも被害を誘発しないという意味で対策にはなるかと思います。

3)狙われやすいサーフポイントを避ける

盗難被害が多発しているポイントを避けることも、対策の一つと考えます。○○のポイントで盗難被害があった…とニュースやサーフィン仲間から情報が入ることもあるかと思います。私も被害情報を聞くことがありますが、やはり同じようなポイントで多発しているように感じます。たまたまかもしれませんが…。駐車場がサーフィンをする海から結構離れていたり、隠れていたりと、死角が多い場所が狙われているように感じます。仮に自分が窃盗犯ならどんなところを狙うだろうか?と想像してみれば、狙われやすい場所なのか見えてくることもあるかもしれません。ただ、サーフポイントにはこのような死角になるところも少なくないので難しいところではありますが、あまりにも被害が多発しているようなポイントがあれば、なるべく避けたほうが良いでしょう。このようなポイントに、入るならそれ相応の防犯対策を行うべきです。

4)最後に

サーフィン中における防犯対策について、紹介してきましたが盗難被害が完全になくなることも100%防ぐ方法も恐らくできないでしょう。ここで私がお伝えした内容がすべて正しいとも言えません。車の防犯対策には正解はありません。各々が防犯意識を高めできる対策をしっかりと行うことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です